ブライダルシェービング 京都

結婚式のドレスマナーをきちんと把握しておく|京都のブライダルシェービング

結婚式に着ていくドレスにもマナーがある

結婚式に着ていくドレスをマナー重視で選ぶのであれば、白系のドレスは絶対に禁止です。
白だけではなく、薄いピンクや薄いベージュも写真を撮った時などに白く写るので花嫁さんに嫌われます。
結婚式のメインは花嫁さんだといことをきちんと把握した上でドレスを選びましょう。

 

また胸元が見えたり、肩が露出していたり、太ももが出ているドレスもNGです。
胸元には気を付けて、肩は羽織りものを使って隠し、太ももは勿論膝が隠れるような長さのものを選びましょう。
周りから白い目で見られないようにパーティドレスの購入には気を付けてください。

 

新郎、新婦の両親や親族など年上の方もたくさん参加しているので、恥ずかしくない恰好を心がけましょう。
実際に親族の方に、露出やドレスの色についてたしなめられると大変恥ずかしい思いをすることになります。
口にしなくても後で花嫁さんが責められることもあるかもしれません。
ですので、気を付けてください。
挙式が終わり披露宴になると露出しても許されるので羽織っているものを取っても構いません。

 

このような結婚式のマナーはきちんと守って参加しましょう。