ブライダルシェービング 京都

「毛のう炎」とは?|京都のブライダルシェービング

自己処理後はしっかりと保湿ケア

シェーバーやカミソリ、毛抜きを使ってムダ毛を自己処理した際に起こりやすい肌トラブルの一つに「毛のう炎」があります。
毛のう炎とはシェーバーやカミソリで処理した時に肌を傷つけたり、毛抜きで開いた毛穴からばい菌が入って化膿する状態を言います。
特にヒゲやVIOラインなどデリケートな場所に起こりやすいトラブルで、自己処理後に小さなニキビのようなものがいくつもできていたら毛のう炎の可能性があります。

 

毛のう炎にならないためには自己処理前にお肌を綺麗にすること、そして自己処理後に皮膚を消毒したり、保湿ケアをすること、また脱毛器具を清潔に保っておくことも重要です。
それでもお肌が化膿してしまった場合は市販されている抗生物質が含まれた塗り薬で治る場合もありますが、ひどい場合は医師に相談しなければなりません。
そして毛のう炎に悩まされている人はできれば脱毛をすることでトラブルの心配から解放される可能性が高いのでおすすめです。